水銀摂取の多い日本人

日本人は、外国人に比べ、体内の水銀が多いといわれています。

昔から魚介類を食べ、海の食物連鎖の頂点であるクジラをたくさん食べてきました。

魚介類、クジラ類は、良質なたんぱく質や健康に良いと考えられるEPA、DHA等の高度不飽和脂肪酸をその他の食品に比べ一般に多く含んでいます。

魚介類は体によい栄養素が多い食材ですが、自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で体内に蓄積します。
日本人の水銀摂取の80%以上が魚介類由来です。

赤ちゃんへの影響

水銀に関して、最近の研究報告で、低濃度の水銀摂取が胎児に影響を与える可能性があると考えられています。 こういった報告がされて踏まえ、妊娠中の魚介類の摂食について注意事項を公表しています。

水銀を体外に出す食物としては、卵黄、にんにく、ネギ、たまねぎなどが、硫黄を多く含み、水銀と結合して髪、爪として体外に出ます。
なかなか取りにくい商品ですし、玉子はアトピーの原因になるとも言われています。

サプリメントでの摂取がいいと思います。
こちらをどうそ。
1袋 1680円 
伝承にんにく卵黄
伝承にんにく卵黄



伝承にんにく卵黄バナー


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0